バイアグラのジェネリックに助けられた経験

家計があまり豊かでなくとも、病気にはかかってしまいます。
私の場合はEDになってしまい、あまり経済的な余裕もなかったので、クリニックでED治療薬をもらうことは最初から考えませんでした。
仕方ないので海外医薬品の販売サイトを探し、ED治療薬を個人輸入したわけです。
今はED治療薬もたくさんジェネリック薬が出たおかげで、安くEDを治療することが可能になりました。
私が見たサイトは業界では老舗と呼ばれている所でして、正規品以外扱わないと豪語しており、信頼感があったのです。
そこで私はバイアグラのジェネリック薬シラグラを見つけ、これだと思って使うことにしました。
ED治療薬はレビトラ、シアリス、バイアグラの3つが日本で認可されており、クリニックで処方してくれます。
しかし、値段はかなり高いので、私のような経済的余裕のない人はそう続けて買うことはできません。
そのため、安くて効果も同じくらいあるジェネリック薬を必然的に頼ります。

インドの製薬会社が作ったシラグラは、バイアグラのコピーと呼んでもいいくらい出来のいい薬です。
インドでは医薬品に関する特許制度が特殊で、同じ成分を用いて薬を作った場合、特許料を払わなくてもいい仕組みになっています。
そのため、ジェネリック薬の価格が破格に安いのです。

かつてこの仕組みを知らなかった私は、インドの薬が安いのは粗悪品だからとのステレオタイプの先入観を持ち、大いに損をしていました。
しかし、今回ED治療薬を買うにあたって、かなり勉強をした結果、インドのチェック基準の厳しさや、製薬会社の信頼性の高さを知ったわけです。
それからは、インドの見方が180度変わり、多くの面で新鮮な知識を得ることができました。
私がシラグラを使うようになってから、セックスライフは大きな変化を迎えました。
この薬は一錠150円くらいで、半分でも十分な効果が得られるため、私はピルカッターでこれを半分にして飲んでいます。
飲んでしばらくして体がかっと熱くなるような感覚を覚え、そこからは性的刺激を得ればいつでもペニスが勃起する体制ができるのです。
勃起力が落ちないのがこんなにすばらしいとは思いもしませんでした。
セックスが楽しくなると、夫婦仲も円満になります。
私は妻と今まで以上によく話すようになり、セックスでしか語れないことがいかに多いか思い知りました。

劇薬に該当する成分が含まれているED治療薬は、使い方を誤ると大変危険です。
しかし、これは常軌を逸した使い方をしたり、たくさん飲めば効果も大きくなるだろうと誤った考えに基づいて使うからでしょう。
インドの製薬技術の高さは折り紙つきであり、薬そのものが原因で体調が悪くなったり、命に関わることはほぼありません。
禁忌事項や注意事項を守って正しく使えば、シラグラは大変有効な薬です。
今はこうした薬がネットで簡単に買えるようになり、私たちはその喜びをかみ締めつつ、セックスライフを充実させています。